健康寿命を延ばすために

1.健康診断

健康診断による病気の早期発見は老犬をつらい症状や闘病から守ることに加え、早期解決につながります。怖い病気もありますが、初期から治療を進めれば、軽い治療で済むこともあり、経済的な負担だけでなく、愛犬と飼い主の精神的・肉体的疲労を軽減することができます。

2.筋力アップ

「貯筋」がシニア期の足腰を支えます。足腰が弱り始めてから急に筋力トレーニングをはじめても、すぐに成果は出ません。シニア期以前から、短時間でも毎日のトレーニング習慣をつけておくことがシニア期への「貯筋」につながります。

3.口腔ケア

生活の質を保つために、意外と重要なのが口内環境です。しかし、歯磨きは愛犬が嫌がるからできないという人も多いのです。シニアになってからも健康な歯を保つため、正しい歯磨きの仕方を知っておきましょう。